: :イカダ :チヌ :釣り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■畔蛸釣行記(その3)

■畔蛸釣行記(その3)

P1000784.jpg


 COREさんの自宅へ集合し、3名は一路畔蛸を目指した。

★ ランキング急落中です・・・(涙)★
★皆さんの応援お願いします★
ポチッとクリックお願いします♪
   ↓ ↓ ↓

FC2ブログランキング

こっちもポチっとお願いします!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ 




■まずはエサを仕入れる

 途中、三重釣りえさセンター、えさきち、橋本釣具でダンゴ、丸貝、ボケ、オキアミ等を仕入れて釣り場へ向かった。 

 畔蛸へ到着し、船頭さんに挨拶を交わす。
とても愛想が良くて親切な船頭さんであった。

 二番船で我々3名は15番筏へ渡してもらった。(畔蛸筏配置図)

P1000790.jpg



■阿弥陀くじ~

 まずは阿弥陀くじで釣り座を決定する。

 沖向きにもむあげさん、岸向きへちょいサルとCOREさんが着座した。
岸向きは向かい風となるため波だって釣りにくいが、「これで釣ったら男前やで!」と気合を入れなおして釣り始める。

 3号のゴム管おもりを針に刺して、まずは水深を測り底取りを行う。

ピンクのマーカーペンで手元と竿先の2箇所へマーキングを実施する。
水深は約12mでとても釣りやすい水深だ。

 まずは潮の流れを考慮に入れて、生サナギみんち、オキアミ、丸貝、アミエビをアンコにした爆寄せダンゴを5つ作成し、ソフトボール大のダンゴで海中へ落とす。

 6Bのオモリでボケを針に刺し第1投。

 周辺を落とし込んでみるが、反応はない。20分ぐらい落とし込んでみるが気配を感じないため、さっそくダンゴ釣りへ切り替える。

 ダンゴ投入を繰り返して、海底に濁りを絶え間なく出すようにした。

P1000791.jpg



★ ランキング急落中です・・・(涙)★
★皆さんの応援お願いします★
ポチッとクリックお願いします♪
   ↓ ↓ ↓

FC2ブログランキング

こっちもポチっとお願いします!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ 



スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://chinuikada.blog91.fc2.com/tb.php/308-a791e3cf

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。