: :イカダ :チヌ :釣り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■7/17 尾張屋(その4)

■7/17 尾張屋(その4)

20080717171515.jpg


 船頭さんは一番岸向きの筏へもむあげさん、2番目の筏へ私を降ろしてくれた。


★皆さんの応援お願いします★
ポチッとクリックお願いします♪
   ↓ ↓ ↓

FC2ブログランキング

こっちもポチっとお願いします!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ 

■潮は岸と平行に流れる

 潮の流れは岸と平行に左右に流れるらしい。

少し深みのあるポイントへ釣り座を構え釣りを開始。

まずはアケミ貝の丸貝、オキアミをしっかり混ぜ込んだダンゴを5個作成し朝一番のマキエサとした。


それからゆっくりと仕掛け作りを開始。

ボケ、オキアミで釣りを開始すると、ダンゴに魚が寄ってきた。

まずはフグを2匹釣り上げる。

その後も一定のリズムでダンゴ投入を繰り返す。



■潮は早く、右から左へ


 朝一番から潮の流れが速く、右から左へ流れる。

時折、底潮は流れが止まり、上潮だけが流れる時もあった。

今回は「ラインテンションを一定に保つ釣り」がテーマであった。


■潮に合わせておもりを変化!

 潮の流れにあわせて、なし→2B→3B→5B→0.8号→1号→2号とオモリを潮流に合わせて変化させた。

 更に、潮流に合わせて竿、ハリスを送り込み、とにかく自然にサシエサが流れていくようにラインテンションを意識した釣りを心がけた。 

 朝9時過ぎ、5Bのおもりでゆっくりと仕掛けを流す。サシエサはオキアミ。「コン、クーっ」と本アタリが出た!ガツンと合わせを決める。

 リールでラインを巻き取り、2度合わせを決めて、やつを底から浮かせる。

「ギラッ」と銀鱗が平を打った。

「来たで~!」向かいの筏のもむあげさんに声を掛け、本日第一号を取り込んだ。


目測40cmぐらい。幸先の良い中型をゲット。


20080717113601.jpg


 久々のサル顔で「ガッツポーズ!」ほっと胸を撫で下ろした。



■鯉のぼり級のボラが乱舞

 そうこうしていると、ダンゴに鯉のぼり級のボラが乱舞してきた。

ダンゴへヘディングを繰り返し、底まで持たない。

底でダンゴが割れても、しばらくはボラアタリが続く。

ここで合わせてはボラが釣れるので、辛抱して仕掛けを送り込んでいく。


 11時くらいにもボケエサで同型クラスの本アタリが発生し、釣り上げる。午前中にスカリに2枚のチヌが収まった。

 午後からも釣り続け、14時くらいに35cmクラスを追加できた。

20080717105736.jpg



 潮の流れが左へ行ったり、右へ行ったり落ち着かない様子。

突然エサ取りがいなくなったので穂先へ意識を集中させる。



■竿2本分流していくと・・・

今度はサナギのエサでラインテンションを一定に保ちながら流していく。

 竿2本分くらい流し込んでいくと、「ズボッー!」と竿先が舞い込んだ。

反射的に合わせを決めると十分な手ごたえ。

高速でリールを巻き取りやつとやり取り。

出来るだけ高い位置で竿を操り、ハリスを巻き取る。

これも40cmクラスの銀鱗がタモに収まった。


★皆さんの応援お願いします★
ポチッとクリックお願いします♪
   ↓ ↓ ↓

FC2ブログランキング

こっちもポチっとお願いします!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ 
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://chinuikada.blog91.fc2.com/tb.php/365-98f1ad57

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。