: :イカダ :チヌ :釣り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■マッハ君と三尾川(山口渡船)No.2

■マッハ君と三尾川(山口渡船)No.2


F1000008.jpg



朝5:00頃、現地の駐車場に到着すると予想以上の車が駐車してある。


■ちょいサルとマッハ君は沖の筏へ

 昨日の釣果は二人で10枚の釣果が上がっており、それを聞きつけた太公望が押し寄せて来たのだろうか?

 そんな事を考えながら、30分ほど車中で仮眠をとる。

 辺りが騒がしくなってきて、目覚める。

 我々二人は一番船に乗り込み、沖から2番目の筏へ下ろしてもらった。

F1000010.jpg


■釣り座は衣奈方面へ

 二人はまずは、衣奈方面へ釣り座をとり、落とし込みで探っていく・・・生体反応は返ってこない。


 数投で落とし込みを諦めて、ダンゴ釣りへ切り替える。

 朝一はあまり潮が流れておらず、拍子抜けの感じ。

 朝一でボケやオキアミは取られたものの、しばらくすると生体反応がなくなり、オキアミでさえも原型のまま生還してくる。


 しばらくこの調子が続き、前日までの疲れからか大の字を張る。


F1000012.jpg



 どれぐらい寝たであろうか?

 起きてからマッハ君に状況を確認するが、ややこしい潮の状態になっているらしい。


 上潮が右にかなりの早さで流れておるものの、仕掛けを回収すると、見事に左側から上がってくる。


 そうです、見事な二枚潮が出来上がっています。仕掛けを安定させるために、4Bのオモリを打ってみると少しはましだ。

 しばらく釣り続けるものの、海底からのシグナルはない。

 しばらく粘って釣り続けるものの、向かい風が強く吹いてきたため、反対側へ釣り座を移動する。


 するとまたもや睡魔に襲われ、大の字。本日は4回ほど意識を失ってしまった。


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://chinuikada.blog91.fc2.com/tb.php/431-6c41a568

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。