: :イカダ :チヌ :釣り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ボーズ三人組釣行 衣奈(コイズキ筏)NO.2

■ボーズ三人組釣行 衣奈(コイズキ筏)NO.2


 1.当日の状況

 2.テーマと反省

 3.今後の展望



 について、次ページへ記述してみます。


こっちもポチっとお願いします!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ 

1.当日の状況

 AM4:30過ぎの2番船でコイズキの3連結の筏の右端に乗せてもらう。

 釣り座は黒島に向かって右端にすーさん、左端にもむあげさん、私は3人でじゃんけんで負けてしまい
、真ん中に釣り座を構えた。

 じゃんけんで負けた時点でいやな予感が走った・・・。


 今回のテーマは朝一の30分間はダンゴを投入は控えて、丸貝とボケを落とし込む戦略を立てた。

事前の戦略の通り実行してみた。

 まずは8Bのオモリで丸貝を落とし込んだ。数回誘い上げて、ゆっくりとした動作で落とし込んでみるが何も触ってこない。

 今度はボケを付けて落とし込んでみる。

フグにハリスを切られたりするが、隣でもむあげさんが何やらヒットする!

「丸貝やからチヌやで!」

良い締め込みを見せるものの痛恨のラインブレイク・・・。

 もむあげさん、なかなかやりよります。

負けてはならずと、丸貝を再三再四落とし込んでみるが、反応がない・・・。

 予定通り、30分間の落とし込みを繰り返すもののアタリを導き出すことは出来なかった。

 続いてダンゴ釣りを試みる。

 朝の潮の流れはコイズキでは珍しく潮が止まっていた。

無風で筏の揺れはほとんどなく、とても釣りやすい状況だ。

 次の打ち手は「這わせ」を試みる。

 ところが、底が岩礁帯のようで、這わせ幅を多く取ると根掛かりが多発してハリスに傷が付く。

 そこで、這わせ幅を多く取らないように気をつけながら釣り続ける。

 底のエサ取りは、アジ、チャリコ等が釣れてくる。

 オキアミでは瞬殺されるので、オキアミ&コーンを試してみたり、コーン、丸貝等をローテーションしてみるがチヌアタリを出せない時間が続いた。

 そうこうしていると、もむあげさんが40cmクラスを丸貝でゲット。

 続いてすーさんがコーンで46cm、40cmの2枚をゲット。

 釣り方をすーさんに聞いてみると、「這わせ」た後、潮の流れについて行ったところ、明確なアタリが出たとのこと。

 勝負がかかっていたため、二人に先行されてしまい、精神的に焦ってしまった・・・。



2.テーマと反省点

 今回は、二人に負けてしまった。悔しいが次へ繋げるため、分析と反省をしてみたいと思う。


事前に考えたテーマは、次の3点

①朝一:ボケと丸貝を落とし込んでみる(30分)

②状況確認後、海底をリアルに想像する。
 エサのローテーションは、オキアミ→コーン→丸貝の順で変化させる

③釣法:「這わせ」→「流し釣り」と状況に合わせて変化させる
 チヌが居る場所を探る釣りを試してみる。→潮流とエサ取りの状況で、流すのか、這わせるのか判断する。



 反省点

①朝一の落とし込みは、テーマ通り30分実施出来た。ここでは釣れなかったが、実践したことを誉めたい(笑)

②海底の状況を想像する力が不足した。オキアミ&コーンを多用してしまい、少々意地になってしまった様だ。

③二人に先行されてしまい、焦ってしまった。(ラインテンションのコントロールよりも、感情のコントロールに失敗!(涙))

 技術的には、「這わせ○」を○○して、○○○みる技術を試していないことに気がついた。(詳細はマニュアルで記述したい)とにかく、「感情のコントロール」に失敗したのが一番の敗因であると思う。



3.今後の展望

 今回は、ボーズ三人組の2人に見事にやられてしまった(涙)。この悔しさをバネにして、次へ活かしていきたい。

 克服すべきテーマは、①感情のコントロールと②上で述べた技術的な点を試してみること③そのための単独釣行である。

 しかしながら、今年度初めての「ボーズ三人組」釣行はたまらなくおもろい。その理由は、道中、釣り、風呂、食事と気兼ねなく、気を遣う必要が無く、心から楽しめるからであると思う。

 今後も、おもろい釣行を続けて切磋琢磨して行きたい。


こっちもポチっとお願いします!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ 

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://chinuikada.blog91.fc2.com/tb.php/466-5b5f8315

コメント

今回は勝たせてもらいました
釣行をし続けるゲヒンズを羨望の思いで見てましたわ。ましてや釣れたと聞けばいてもたってもおれなくなり、加えて負けた日にゃ~悔しさが募ります。今回はたまたま勝たせてもらいましたが、合わせによる糸鳴りが聞こえるとドキドキしてたで(笑)とにかくまだたいしたレベルではないが三人の力量は紙一重やな。これからもお互い精進しましょう。
次回は
 負けまへんで~リベンジさせてもらいますわ~
切磋琢磨してレベルアップしていきましょうや♪
勝敗が・・・・・
勝敗が問題ではない。
まさに、自分のたてたプラン通りに釣果が出たら至極の喜び!
また、楽しい釣行しましょうや!!
ほんま
 そのとおりっすね~
かかり釣りの「PDCAサイクル」を回してみます。
「あ~たまらん♪」
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。