: :イカダ :チヌ :釣り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■印南伝馬船 ガチンコ師弟対決 NO.3

■印南伝馬船 ガチンコ師弟対決 NO.3


P1010837_20100404213459.jpg


 ここは一昨年55センチを釣り上げた相性の良い釣り場。



こっちもポチっとお願いします!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ

■実は、今年三度目の挑戦

 今年はすでに三度目のチャレンジだ。

 ワクワクした気分が押さえられない・・・。

 チヌ釣り客は我々を含めて3組。船頭さんの合図で後ろ側の碇を降ろす。

 伝馬船はさらに親船に引かれて移動する。

 すると碇のロープが次第に張ってくる。次に前の碇。全て船頭さんの指示に従えば簡単である。

 船頭さんの指示通りの順番でセッティングが完了し、伝馬船がポイントへ収まったようだ。




■浮かんでる間に仕掛けをセッティング

 伝馬船が出船するときに多少の時間があったため、その時に竿のセッティングは完了していた。

第1投はボケを針に刺して、投入する。


 しかし、海底からのシグナルは何もない。朝一のまきエサとして、ダンゴを7個投入する。

オキアミ3キロを混ぜ込んだ濃厚ダンゴで勝負である。次からダンゴ釣り開始。

 ボケエサでダンごを落とし込む。


 ダンごが割れた後、おもりなしのフカセ仕掛けで底付近を潮流に合わせてロッドを操作する。

 少し流したところで、明確なチヌアタリだ。すかさず合わせを決めてやり取りかいし。


 ところが、少し巻いたところで、ロッドをためて辛抱していると、フッと軽くなった。

 痛恨のラインブレイクである。すぐさま、ラインを1.7号から2号へチェンジする。


 印南のチヌをなめてはならない。通常の釣り場より一回りサイズはでかい。


P1010838_20100404213506.jpg


こっちもポチっとお願いします!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://chinuikada.blog91.fc2.com/tb.php/490-f5180f85

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。