: :イカダ :チヌ :釣り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ボーズ三人組 釣行 千黒鯛丸編

■久々のブログ更新です!

img20120505200832661.jpg


 ご無沙汰してます。

三人組釣行を海南は「千黒鯛丸」さんへ行ってきました。

詳細は「すーさんブログ」へゆずるとして、ポイントを記述したいと思う。

こっちもポチっとお願いします!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ

■独特の潮流は何故生まれるのか?!

 初めての千黒鯛丸さん、通称「10m」のポイントへ船を掛けてもらった。

初めての釣り場だったが、貴重な体験をすることができた。


 ここは、関電の火力発電所の冷却のための「給水口」があるポイント。

 キャプテンに聞くと、火力発電所では、「給水口」から冷却のための水をくみ
上げているとのこと。

そのため、防波堤は底が筒抜けであるため、船を掛けている防波堤に向かって底
潮だけが流れる。

つまり、上潮は止まっているように見えるが、人工的に作られた「底潮」の流れが
発生する貴重な

体験をすることが出来た。


■根がかりが多発!

 しかも、仕掛けを流していくと底が荒いのか「根がかり」が多発。

随分、これに悩まされ続けた・・・。

かれこれ10本以上のハリを取られた。

 防波堤の近くに着座したすーさんも同様の様子。

 防波堤から竿一本分遠いもむあげさんは、快調に釣果を伸ばしている。

 見ていると、「竿一本分仕掛けを流したところ」で頻繁にアタリを掛け合わせて
いる様子。


 こちらは、リールからラインを出してしまうと、100発100中で根がかる。

 キャプテンいわく、「ここは仕掛けを流すと根がかりします。約30秒で仕掛けを
回収してください。」

 釣り方に慣れるまでかなりの時間を要してしまった・・・


DSC_0122.jpg


■防波堤近くに着座した場合の、「釣り方」のポイント

 ①ラインは決して出さない!

 「底潮」に引っ張られるように仕掛けは防波堤に吸い込まれていく。
 ここでラインを出してしまうと、100発100中で根がかりしてしまう。
 したがって、ラインは出さないように底を流す。

 ②ダンゴを潮上に投入!

 少しでも流す「距離」を取りたいので、潮上にだんごを投入する。

 ③高い位置でダンゴの割れを確認! 

 上記②に順ずるが、高い位置でダンゴの割れを確認し、仕掛けを流す「距離」を確保する。

 この距離なら、何とか根がかりを防止し、底潮に仕掛けを流せるギリギリの距離だ。


DSC_0123.jpg


■釣果結果

 ボーズ三人組で20枚。

 もむあげさん:11枚
 ちょいサル :5枚
 すーさん  :4枚

 今回は、もむあげさんの技術が際立っていた。
 
 とはいえ、三人組の釣行はめっちゃ楽しめた。

 「千黒鯛丸」さん、すーさんブログから楽しんでいる様子が伺えるかと思います。

 「あ~たまらん」釣果を目指して、たまにはブログ更新をしたいと思います。

  
最後まで読んでいただきありがとうございました。


img20120505193219223.jpg


こっちもポチっとお願いします!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ


 

   
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://chinuikada.blog91.fc2.com/tb.php/548-285375da

まとめtyaiました【■ボーズ三人組 釣行 千黒鯛丸編】
■久々のブログ更新です! ご無沙汰してます。三人組釣行を海南は「千黒鯛丸」さんへ行ってきました。詳細は「すーさんブログ」へゆずるとして、ポイントを記述したいと思う。こっちもポチっとお願いします!   ↓ ↓ ↓

コメント

なかなかの内容やな。
テクニックを味わいたい人はちょいサルブログやな。
たまにはブログ更新しないとですね~
久々のアップやな!
さすがの釣法分析!
今回は竿頭になれてたので、少しは腕を上げたかな?
ボーズ三人組は、やっぱ、【あっぱれ!!】

もむあげさんの上達ぶりはたいしたもんです(笑)
三人組で切磋琢磨しましょうや~♪

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。