: :イカダ :チヌ :釣り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■2007.08.18 千賀のリベンジは仏谷で!(その3)

■2007.08.18 千賀のリベンジは仏谷で!(その3)

P1010307.jpg


 まずはサナギを針に刺して第1投。ひったくるようなアタリで、5cm程のチャリコが釣れてくる。

↓皆さんの応援お願いします♪↓

FC2ランキングへクリック



■得意の「丸貝落とし込み釣法

20070819162103.jpg



 今日は魚の活性が高いようである。2投目もサナギで試してみるとチョコチョコとしたアタリでエサを取られる。今度は丸貝専用の仕掛けをもう1セット作成した。針を最近オーナーから発売された「くさびチヌ3号」に変更する。この針は「天津丸貝」に刺しやすいように工夫されているため、殻の薄い天津丸貝の殻を割れないよう刺しやすい。この仕掛けで「丸貝落とし込み釣法」で挑んだ。

owner-kusabi_20060818_138x161.jpg


 この釣法の特徴は①ダンゴは別打ちとして、丸貝をダンゴにくるまず投入する。②竿と腕を天高く伸ばして、ハリスを張りながらゆっくりと着底させる。③頻繁に誘い上げゆっくり丸貝を落とし込みチヌを誘う。この誘いがかなり重要で、腕組をしての待ちの釣りではなかなかチヌが丸貝を食ってくれない。


■ついにチヌアタリ!

20070819162135.jpg


 
 当日はダンゴ釣りの釣り人に寄せ負けしないよう、別打ちダンゴでチヌを寄せるよう気を配った。朝から丸貝で釣り続けると7:30頃から丸貝を取られるようになってきた。

 少し小さめの丸貝を針に刺す。丸貝だけで落とし込む。ゆっくりと着底させるとしばらく待ってから上に誘い上げゆっくりと落とし込む。

 「コン」と前アタリ「ガッ、ガッ」と貝を割るアタリが出た。胸が高まる一瞬である。送り込まずに反射的に合わせた。「ぐわっ」と合わせが肩の位置で止まる。久々のチヌアタリで胸が躍る。快調なポンピングで魚とのやり取り。首を振る感触が竿先を通じて伝わってくる。チヌに間違いない。心はまさにサルのようにはしゃいでいた。海面で空気を吸わせてから、タモに魚が収まった。久々の獲物にほっと胸をなでおろす。少し小さめの26cmのチヌが微笑んでいた。

↓皆さんの応援お願いします♪↓

FC2ランキングへクリック




スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://chinuikada.blog91.fc2.com/tb.php/81-b13130bc

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。