: :イカダ :チヌ :釣り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■2007.08.18 千賀のリベンジは仏谷で!(その5)

■2007.08.18 千賀のリベンジは仏谷で!(その5)

20070819162156.jpg


 時間は夕方5:00になった。風が収まり揺れていた筏が静まりを魅せた。海面のざわつきは収まり、夕凪の時間が到来した。

↓皆さんの応援お願いします♪↓

FC2ランキングへクリック



■痛恨の針はずれ・・・

 ちょうどダンゴが終了したためサナギを2個針に刺してオモリのみで投入する。しばらく待つとモゾモゾとした当たりが出る。少し送り込んで「ガツン」と合わせると久々の手ごたえ。しかし、2、3回リールを巻いた後、突然軽くなった。針はずれである。手ごたえが良かっただけに悔やまれる。


■サル顔でガッツポーズ!
 
 がまかつ改良チヌ5号に仕掛けを戻して、もう一度、サナギだけで投入する。またしてもチヌアタリが出た。今度は慎重にアタリをとり、ゆっくり送り込んで慎重に合わせをくれてやる。31cmの3匹目のチヌをゲット。サル顔でガッツポーズを決める。

20070819162135.jpg



■今度はハリス切れ?!

 海底にはエサトリが消え、チヌがうようよ居る。まさにゴールデンタイムの到来である。ダンゴがないので不安になるものの、再びサナギのみで投入する。少し誘ったあとに竿先が舞い込んだ。ガツンと合わせる。先程より重い!ついに40cmクラスかなあ?と思いながら、蝶番の腰でチヌとやり取り。しかしながら、ブツンと途中で軽くなった。痛恨のハリス切れである。教訓としてやはりハリスの点検はこまめにする必要があることを痛感した。


■さらにチヌ2匹を追加!

20070819162147.jpg


 はやる心を抑えながら仕掛けを作り直して、釣り続ける。すると見事に2匹のチヌを追加することが出来た。前回の千賀でのボーズに仏谷でリベンジ成功である。

 本日の釣果は26~31cmの夏チヌ5枚、チャリコ1枚、タコ5杯。結局、最終の19:00の迎えの船にて筏を後にした。

20070819162015.jpg



■今後の見通し

 仏谷双児島筏での今後の予想としては、9月は丸貝・サナギを中心に型・数の両狙い。秋が深まる10月に入ればシラサによる数釣りの時期に突入する。良い年に当たれば三桁釣りも可能になり11月末まで釣れ続ける。親切な船頭の徳さんの適切なアドバイスを参考に、皆さんも仏谷は「双児島筏チヌ釣り戦略」を練ってみてはいかがですか?


20070819162204.jpg


↓皆さんの応援お願いします♪↓

FC2ランキングへクリック




スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://chinuikada.blog91.fc2.com/tb.php/83-6f59d2e0

コメント

いろいろ行かんと・・・・
やはりちょいサルさんは仏谷が良いようですね。
また一緒に行きましょう。
 仏谷は私の「チヌ釣り道場」です。相性が良いようです(笑)
大住のHPに
名前載ってるで。やっぱり釣ると色々メリットがあるもんですな。
三人組でも
 たまには日本海に行きましょうや~
大住のおやじさんに挨拶行きましょう(笑)
充実した一日
朝,夕の釣果、さすがやな!!それにお土産、刺身定食、2時間のヘソ天と一日を満喫しましたね。久々に行きたくなってきましたわ!ボーズ三人組は大住からスタートしたもんな・・・
しかし
4:00~19:00までの15時間釣行はダンゴのペースがわからんな。
50kgはいるかもしれんな。それに17:00からがゴールデンタイム
になるな。
その通りですわ!
 昨年度のパターンと全く同じでした。
17:00以降に風と波が収まって、エサ取りが消えました。
そうなるとサナギだけを落とし込むとまさにチヌワールド!
たまりませんでした。近いうちに行きましょうや(笑)
日本海は
コーンではなくサナギが餌取り対策として有効ですね。
私自身正直サナギで釣ったことはなく、あんな得体の知れんもん
が海中にいるわけもなく釣れる気がしない。かといってコーンも
植物なので海中にはいないんですが・・(笑)
チヌの気持ちになればやはり貝やエビ(オキアミ)、ゴカイなんかが有効な
気がします。
今回のチヌ5枚の胃袋の中身・・・
 ちょいサルの場合、釣ったチヌを捌いたときに何を食べているか必ず確認します。
今回釣れた5枚のチヌの胃袋の中身を確認したところ・・・

①イガイだけを大量に食べていた。→丸貝で釣れたチヌ
②押し麦を大量に食べていた。(2枚)→ダンゴに寄ったチヌ
③ミンチさなぎを大量に食べていた(2枚)→夕方の時合いで釣れたチヌ

 上記のことから考察すると、日本海の夏チヌには「押し麦」と「さなぎミンチ」をダンゴに混ぜるのが良いと思われます。特に「さなぎ」は大好きなようで胃袋パンパンに詰まっていました(笑)
 刺しえさは当然、「丸貝」と「サナギ」がお奨めです!
行きたい!!
大住に行きた~い!夜釣りで年無しGET!!もいいかもな(笑)
もむ顔さん
 現地集合で行きますか?
あっ、試写長に怒られますわ(笑)
いやいや
ルパンさん単独釣行に是非行ってください。
集中力が増しますよ
なかなかの分析ですな
チヌの腸はかなり参考になりますね。釣れた時間も関係がありそうですが
やはりチヌも食いものの好き嫌いはあるかもしれませんね。
以前私も丸貝で釣ったチヌの腹を割いてみるとそれまで撒いた
アケミの剥き身が大量に入ってました。もちろんサナギミンチばかりの時も
ありましたし、オキアミだらけのときもありました。
あ~
 釣れたら釣れたでまたうずいてきました(笑)
まじで夏チヌは丸貝とサナギがお薦めです。
三人組で大住行きましょうや~♪
ほんまに麻薬
一回この味を覚えると釣れようが釣れまいが本当に行きたくなります。
春先のノッコミ時期の釣れたときは今年はパーフェクトやといつも思うのですがそういうときに限って後がぜんぜん続きません。まさに今年がそうです。
筏チヌ釣りは
 ほんま麻薬のようですね。
特に肩の高さで合わせが「ガツン!」と決まったときの
何とも言えない重量感・・・次の瞬間に思わず「快感」に変わります(笑)
ちょいサルさんの手ほどきで
私もブログを立ち上げることができました。しばらくはちょいサルブログ
へのコバンザメ戦法を展開していきますのでみなさんこれからも
応援よろしくお願いいたします。m(_ _)m
試写長!
 ブログデビューおめでとうございます!
試写長特有の「蘊蓄」ブログを楽しみにしております。
皆さんも是非上記URLをクリックしてみてください。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。